So-net無料ブログ作成

赤字解消につながる対策とは―県立病院長が講演(医療介護CBニュース)

 鹿児島県立大島病院の小代正隆院長は5月28日、全国自治体病院協議会(全自病)が開いた「自治体病院管理者研修会」で「地域医療と自治体病院―21年の院長経験からの私的考察―」をテーマに講演し、病院経営での取り組みなどを説明した。同病院は27日、全自病定時総会の自治体立優良病院表彰式で、「全国自治体病院開設者協議会・社団法人全国自治体病院協議会会長表彰」を受けている。

 小代氏は講演で、自院の減価償却後の収支差額の年度推移を示し、1999年度から2003年度までは赤字だったが、04年度以降は黒字が続いているとした。
 小代氏は5年間の赤字の原因として、▽高齢の看護師が多く転入したことによる人件費の増加▽医師の欠員▽人口減少と周辺医療機関の増加・増床▽病床利用率の低下―を挙げた。
 その上で、赤字解消につながった主な対策として、▽50床休床による病床利用率・回転率の改善▽外来単価を引き上げる▽7対1看護配置の採用▽加算のとれるものはすべてとる―などを紹介。また、経営で重視してきた点に、薬価の直接交渉や保険査定率のチェック・指導、毎月診療科ごとに紹介率・逆紹介率をチェックすること、3-5年ごとに専門家による経営評価を受けることなどを挙げた。


【関連記事】
医療費確保の道筋は「デフレ脱却」―民主・梅村議員
経営改善は「喫緊の至上命題」―全自病・邉見会長
医療法人の一般病院、黒字が13年ぶりの70%割れ
赤字病院の割合、4年ぶり7割下回る―公私連調査
病院の規模で収入傾向が2極化―帝国データ

ビル解体工事現場で発砲=看板に弾痕、男2人逃走―東京・池袋(時事通信)
中山太郎元外相、自民に離党届提出(読売新聞)
沢尻エリカ復帰で夫の高城剛氏が激励「僕は誰よりもうれしく思います」。
<佐世保小6同級生殺害>命の重み、忘れない…事件から6年(毎日新聞)
5人乗りボートが防波堤に衝突、1人重傷(読売新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。